JRLテックログ

JRLテックログ

ジャパン・リサーチ・ラボが提供する技術コンサルティング、人材育成、戦略策定、セミナー等の様々なコンテンツに関する情報を提供するブログです

マネジメント

三話(三つの話し合いの種類)

仕事をしていれば一日中誰とも話をしない人言うのは、ほぼないと言ってよいかと思います。仕事の話はもちろん、雑談など様々な話をすると思いますが、こんな風には人の話の場面にも様々なものがあります。 そこで、今回はそんな「話」の種類について書いてみ…

チーム力とは何か(チーム力を上げる方法)

企業は組織であることは改めて言うまでもありませんが、企業の中には様々な組織要素が存在しています。その中の代表が、部門、部署といった経営組織です。しかし、実際にはそれだけではなく、もっと下位層のグループ単位やPJチームなど様々なものがあります…

組織とは何か(組織の定義)

企業そのものはもちろん、部署も含めて、組織で構成されていることは皆さんご存知の通りです。しかし、「組織」と簡単に表現していますが、組織とは一体どのようなものであるのかということを深く考える機会は少ないのではないでしょうか。少なくとも、単に…

部下を成長させる指示の出し方(余裕のあり方)

通常の業務の流れは、上司からの指示に基づいて部下がその仕事を行うというのが基本になっているかと思います。この流れには、昨今は様々な意見がありますが、自分自身も含めて、誰かが仕事との内容を決めて、誰か(これも自分自身を含めて)がそれを実行す…

部下への指示の出し方(一令一動)

みなさん「一令一動」という言葉をご存知でしょうか。実は、自衛隊の中で使われている言葉で、命令と行動は1対1の対応でなければならないという意味です。しかし、実はこの1対1の対応にはいくつかの意味があります。 今回は、この言葉と実際の現場でのこ…

理解、納得、共感を得るために必要なもの

社会生活を営んでいく上では、人と人の関わり、コミュニケーションは決して欠かすことのできないものです。コミュニケーションにも様々なものがありますが、多くの場合に関わってくるものが、相手の「理解」、「納得」、「共感」です。特に、誰かに何かをお…

二つの目標(結果を出せる目標達成の方法)

年の初めや期の初めなど様々な機会で目標を設定する機会があります。企業においては、目標管理制度などで期初に目標を設定して、期末にその達成度合いによって評価するようなシステムもあります。また、多くの場面で、何をするにしても目標を設定することが…

今日の格言(聞くだけでは終わらない)

「聞く」を「聴く」に変えて「効く」となる 良く傾聴という言葉が使われていますが、単に聞くだけでは何も始まりません。正面から対峙することによって聞くは聴くになります。そうすることによって、関係が構築され、話をした効果が出て、言葉が意味を持ち状…

優先順位の付け方のむずかしさと考え方

「二兎追う者は一兎をも得ず」ということわざがありますが、業務上はもちろん、日常生活においても、我々は日々何らかの選択に迫られながら日常生活を送っています。そんな選択にも大きく二つの種類があります。一つは二者択一で、一方を取って他方を捨てる…

管理の5要素

日常業務、組織運営、プロジェクト遂行など様々なことを進める中では、「管理」が必要不可欠となります。そして、関わる人間が多くなればなるほど、多くの要素を管理しなければならなくなり、複雑化していきます。そんな管理要素の中で、最も基本となるのは…

自衛隊に学ぶ判断・決断の方法と考え方(正早安楽)

自衛隊をはじめとした軍隊においては、一瞬の判断の迷いが正に命取りになってしまいます。そして、彼らの戦う戦場では、刻々と状況が変化していきます。かれらは、そんな状況の中で千変万化の戦場で一瞬一瞬の判断を迫られています。日常生活においても、命…

20200217セミナー( 技術者のための効果的な会議の準備と進め方)

下記セミナーを開催します。 お申込みは、HPのお問い合わせボタンよりお願いします。 【タイトル】 結論を導き、行動へとつなげる 技術者のための効果的な会議の準備と進め方 【概要】 会社にとって会議はなくてはならないものです。 しかし現実には、「報告…

今日の格言(リーダーの視点)

「Think globally, Act Locally」 リーダーは、俯瞰的視点で見て、足元で行動せよ analysis.ikaduchi.com

20200212セミナー( モチベーションを高め自立的に部下を動かす “指示の出し方“のポイント)

下記セミナーを開催します。 お申込みは、HPのお問い合わせボタンよりお願いします。 【タイトル】 モチベーションを高め自立的に部下を動かす“指示の出し方“のポイント 【概要】 近年、ゆとり世代や悟り世代といった様々な呼び名が付けられるようになりまし…

自衛隊に学ぶ管理術(組織を統率する方法)

企業という組織を統率していくことは容易なことではありません。置かれて環境は生き物のように刻一刻と変化しており、組織を構成する要素も多種多様です。したがって、たった一つの万能とも言える組織を統率する方法、マニュアルというものはその宿命上存在…

コンプライアンスの本当の意味と実行の方法

昨今の社会情勢として、規模の大小にかかわらずコンプライアンスの徹底が求められていることはすでにご存じの通りです。そして、この流れはすでに大きなものとなっており、企業の死活問題にまで発展することはいくつもの例が示しています。しかし、従業員に…

ダメ出しが管理職の仕事ではない(管理者の役割)

管理職には様々な役割があることは誰もが認識しており、このブログでもその役割について何度となく書いています。しかし、残念なことにすべての管理者が正しくその役割を認識しているわけではありません。そのような状況ですから、当然のことながらその役割…

管理職の役割とは何か(経営と現場を繋ぐフィルターであれ)

企業内において管理者が重要であることは言うまでもありません。そのため、管理者には様々な役割があり、多くの書籍などでも解説されています。しかし一方で、現場、特に下位層の声として管理者不要論や管理者の役割を理解していない、果たしていないといっ…

問題はいつ発生するのか(問題抑制、問題解決の考え方・方法)

日常生活はもちろん、仕事をしていく中では様々な問題が発生します。製品の不良や計画が上手くいかない、期待した結果が得られないなど、大きなものから小さなものまで、日々何かしらの問題が発生していると言っても過言ではないでしょう。中には、会社の生…

報連相における注意点、ポイント

別稿で報連相における、報告、連絡、相談の違いについて書いていますが、実際の業務の中では、これらの使い分けだけでは不十分と言えます。自分の考えさえ入れていればよい報告ではないこと、なんでもかんでも相談すれば良いというわけではないことは容易に…

正しい報連相の方法、仕方

企業で仕事をしていると、いくつか耳にタコができるほど聞かされる言葉があります。例えば、報連相、PDCA、KYなどなどが挙げられます。もちろん、この他にも企業ごとに独特の言葉というものも存在します。そんな中で、報連相は特によく耳にする言葉の…

どうやって相手の意思、考えを変えるか(説得の方法)

交渉はもちろんのこと、会議の場や日常生活においても、相手の意思や考えを変えたいと思う状況がしばしば起こります。そんな時に必要となるのが「説得」です。しかし、他人の意思や考えを変えることは容易なことではありません。無理やりに力づくで、立場を…

20191216セミナー(技術者のための時間管理・計画策定)

下記セミナーを開催します。 お申込みは、HPのお問い合わせボタンよりお願いします。 【タイトル】 技術者のための時間管理・計画策定 【概要】 技術者のみなさんにおかれましては、業務の難易度があがり、量も増えていく中、いわゆる「働き方改革」を求めら…

コンフリクト(衝突)解決の戦略、考え方

交渉においては、双方の主張が最初から一致しており、決着の得るまでに何の苦労もないというようなことは通常はあり得ません。普通は、何らかの主張の相違が存在し、それらを解決すること自体が交渉であるとも言えます。交渉における戦略、考え方はこれまで…

今日の格言(プロジェクトとは)

プロジェクトとは、 スプリントではなくマラソンである。 ペース配分が大切

二つのコンフリクト(衝突)の解決方法

ビジネスの場面はもちろん、日常生活の中でも他者との間で見解や立場、目指すものなど様々な要因で衝突(コンフリクト)が起きます。時には、そのまま衝突がコンフリクトがエスカレートして正面からの真向衝突となって関係が空中分解することもあります。し…

3種類の人事評価方法とその使い分け

管理職には、「業務の企画・遂行・改善」などの仕事そのものにかかわって成果を出すことはもちろん、「部下の育成」などの人材マネジメント、ガバナンスなどの組織マネジメントなど様々な役割があります。そんな中で必須となるスキルの一つが、評価に関する…

ピグマリオン効果とゴーレム効果

人は様々な欲求を持っています。食欲、金銭欲など色々とありますが、最も有名なものは、マズローの五大欲求(生理的欲求、安全欲求、所属欲求、承認欲求、自己実現欲求)があります。特に現代のような状況における社会生活では、低次側の欲求(生理的欲求、…

決断をするときに考えるべきこと(決断の方法)

誰もが、日々の業務の中ではもちろん、日常生活においても様々な決断に迫られているかと思います。しかし、誰しも決断は簡単なものではなく、様々なことを考えて、迷いに迷ってしまうものです。そして、時には決断できないという状況も生まれます。理由は簡…

相反するリーダーの役割の考え方(PM理論)

現代においてはほとんどの業務は一人で行うことはなく、複数人で構成されるチーム、または、管理者とのコンビで実施されると言えます。このような場合に重要となるのが、リーダー(管理者)の役割です。旗振り役であるリーダーがその役割を十分に果たさなけ…