JRLテックログ

ジャパン・リサーチ・ラボが提供する技術コンサルティング、人材育成、戦略策定、セミナー等の様々なコンテンツに関する情報を提供するブログです

セミナー(効果的な会議の準備と進め方)

下記セミナーを開催します。

 お申込みは、HPのお問い合わせボタンよりお願いします。

 

【タイトル】

効果的な会議の準備と進め方

セミナー

  ~結論、行動へと繋がる“決まる”会議を実現するための

準備、ファシリテーション、フォロー~

 【概要】

 全ての企業で毎日なんらかの会議が行われており、それに伴って多大なコストと時間が消費されています。しかし、現実に目を向けると、会社の中の無駄なものの筆頭として挙げられるものの一つが会議です。会議の多い会社はダメな会社、会議が増えると会社があぶない、などといった言葉すらある始末です。
 一方で、ワンマン経営でもない限り、会社にとって会議は無くてはならないものでもあります。しかし現実には、言い訳ばかり、報告だけで何も決まらない、結論が既にあって形式的にやっているだけといった会議が日本中で星の数ほど行われています。では、なぜこのような乖離が生じているのでしょうか。それは、会議というものの理解、認識が間違っているために、間違った運営方法で会議が行われていることに大きな原因があります。
 本講演では、会議の本質を理解することを基本として、会議の準備から運営、終了後のフォローまで、若手から経営者までの全階層を対象に、あるべき正しい会議というものをわかりやすく、詳細に解説します。会議運営を担当する人、会議を効率的にしたい人、無駄な会議を無くしたい人、そして、会議を意味あるものにしたい人はぜひご参加ください。

 

【修得知識】

    ・会議の本質

   ・会議の準備方法

   ・会議の運営方法

   ・議事録の書き方

   ・会議を実務へフィードバックする方法

 など

 

【開催日】

  2018年5月22日 10:30~16:30

【会場】

   都内

【受講料】

 29,980円(税込/テキスト付)

 

【プログラム】

Ⅰ.会議の実態
 1)会議の課題 
 2)会議の実態
 3)会議は不要?
 4)なぜ、会議不要論が出るのか

Ⅱ.会議の基本
 1)会議とは
 2)良い会議とは
 3)良くある悪いパターン
 4)結論の3条件
 5)会議の種類
 6)5つの議論の場
 7)会議の7P
 8)会話・対話・議論
 9)決定会議の要点
 10)解決会議
 11)創造会議
 12)共有会議
 13)会議の4P
 14)会議紛糾の原因
 15)議論が紛糾したら
 16)基本フロー
 17)レイアウト
 18)会議のルール

Ⅲ.会議の準備
 1)目的とゴール
 2)駄目な目的
 3)5W2H
 4)主催者準備フロー
 5)参加者準備フロー
 6)時間配分
 7)企画書項目例
 8)議題のランク付け
 9)参加者の確認
 10)場所の確認
 11)場所の事前チェック
 12)チェック項目
 13)欠席者
 14)開催通知連絡項目
 15)Agendaの例
 16)会議資料作り(フロー)
 17)根回し
 18)ステークホルダー
 19)BATNA

Ⅳ.資料作製
 1)ピラミッドストラクチャー
 2)伝えるべきことは何か
 3)全体から細部へ
 4)要点スタート

Ⅴ.会議の進行
 1)まず第1に
 2)会議のステップ
 3)具体的プロセス
 4)発言を引き出すためには
 5)開始と終了
 6)進行、旗振り役
 7)司会の役割、ポイント
 8)発散と収束
 9)様々なアイデア発想法
 10)仰望視点と俯瞰視点
 11)シナリオパターン
 12)真意を引き出すために
 13)議論
 14)ホワイトボードの活用
 15)2種類の事実  
 16)認知バイアスの罠
 17)発言の種類
 18)中間整理
 19)結論(Action)へのプロセス
 20)オプションの選択
 21)意思決定
 22)終了時確認事項

Ⅵ.会議テクニック(ファシリテーション
 1)ファシリテーターの役割
 2)参加者の十戒
 3)議事進行
 4)コントロール
 5)6カラーハット(役割)
 6)多数決
 7)ZOPA
 8)コンセンサス
 9)コンフリクト
 10)コンフリクトへのアプローチ
 11)再焦点化
 12)説得のパターン
 13)対立が収束しない時
 14)ホワイトボードの活用
 15)司会の選び方

Ⅶ.会議終了後
 1)アクションプラン
 2)レビュー
 3)議事録必須項目
 4)伝聞と報告
 5)議事録の項目
 6)宿題の記録

Ⅷ.会議のNG
 1)全ての基本
 2)駄目な出席者
 3)NG発言
 4)円滑に進めるために
 5)悪い会議の例
 6)良い会議の例
 7)発言責任
 8)思い付きとアイデア

Ⅸ.まとめ

演習(受講者による「模擬会議」の実施を予定しています)