JRLテックログ

ジャパン・リサーチ・ラボが提供する技術コンサルティング、人材育成、戦略策定、セミナー等の様々なコンテンツに関する情報を提供するブログです

異物分析の方法

  異物分析では、形態や色などの情報も重要ですが、やはり組成に関する情報が最も重要なものの一つになります。組成を得る事ができる分析法には様々なものがありますが、異物分析においてはある程度小さな領域に絞った分析ができるということが条件の一つになります。代表的なものとしては、以下のようなものがあげられます。

  

手法 特徴 課題
顕微赤外分光法 ・化学構造に関する情報を得られる
・非破壊である
・マイクロサンプリングが必要なことがある
・きれいなスペクトルを得ることが難しい
顕微ラマン分光法 ・顕微赤外よりは空間分解能が高い
・一部無機物も評価できる
・測定できない試料がある(蛍光の妨害)
・レーザー照射によるダメージ
飛行時間型
二次イオン質量分析
(TOF-SIMS)
・感度が高い
・化学構造も含んだ情報が得られる
・表面感度が高すぎるために汚染に弱い
・露出している必要がある
・超高真空中で測定する必要がある
SEM-XMA ・元素情報が得られる
・空間分解能が高い
・元素情報しか得られない
・軽元素は感度が低い
X線光電子分光
XPS
・有機物、無機物とも分析可能
・ある程度の化学構造情報が得られる
・超高真空中での測定
・表面感度が高いため汚染に弱い
オージェ電子分光法
AES
・空間分解能が高い
・元素情報が得られる
・有機物には不向き
・電子線によるダメージがある

  

  それぞれに一長一短があるので、実際の分析ではこれらを的確に選択していく必要があります。そのためにも、本格的な構造解析に入る前にできる限りの情報を得る努力をすることが重要になります。軽い思い込みで、機械的に顕微赤外分光法を選択したりすると、十分な情報が得られない結果に終わってしまうというようなことが起こりかねません。

 

 異物分析においては、対象物の数や量が少なく、やり直しができないことが多々あります。にもかかわらず、初期ステップではベールに包まれた状態で触れることなく、異物の素性を想像しなければならないという難しさがあります。だからこそ、材料やプロセスはもちろんのこと、分析のことも十分に把握したエキスパートに相談することも重要です。

 

 より詳しくは、

analysis.ikaduchi.com

 異物分析でお困りの方は、ジャパン・リサーチ・ラボにご相談ください。ご相談はこちらへ。

analysis.ikaduchi.com

結論が出ない会議

 世の中には様々な会議がありますが、会議とは「会して議する」という字の如く、何らかの結論を導くためのものです。しかし、世の中には色々な会議があります。

 

 例えば、こんな面白い、というか、笑えない会議に出くわしました。

 

 参加者はそうそうたるメンバーで、社長を筆頭に、役員、関係部署の部長等が参加しています。これだけ聞くと、何でも決まりそうな印象を受けます。しかし、実際には全く違いました。

 

 これだけのメンバーが出ている中で、方針の確認、計画の概略が決まり、目標も明確なのに、その計画を実施するかどうかの結論がその場で出なかったのです。しかも、さらにひどいことに、もう一度同じメンバーで集まって確認し合うということになってしまいました。これだけでも大きなコストと時間の浪費なのですが、なんと2回目の会議でも結論が出なかったのです。持ち帰って再検討するというのです。しかし、もう検討するべき項目は何もなく、当然ながら持ち帰って何を検討するのかという項目は何も議論されていません。こんな状態で何度も集まって、結局新たな情報も議論も何もない、同じ話の繰り返しだけで終わりました。結局は実施することになったのですが、その間に月のオーダーの時間が流れてしまいました。

 

 このように集まっているだけで結論が出ない会議が驚くほど多くあります。そう、単なる報告会、連絡会になってしまっているのです。そんな背景もあってか、会議とは無駄なものというレッテルが張られ、会議が多い会社はあぶないなどとすら言われてしまっています。

 

 しかし、企業において会議は必要不可欠なものです。ただ、前述のように本当の会議が行われていないことが問題なのです。会議とは、何かを決める、結論を導くためのものです。

 

 会議運営でお困りの方、会議コンサルティングはジャパン・リサーチ・ラボにお任せください。ご相談はこちらへ。

analysis.ikaduchi.com

 

 

採用面接の質問の意味(採用者向け)

 このブログを読んでいただいている方の中には採用に関わっている方もおられると思います。書類審査、面接と実際に関わるとき、どこを見られているでしょうか、また、何を聞かれているでしょうか。私自身もサラリーマン時代には、部長という立場で採用に関わっておりました。また、コンサルタントとしてもクライアント企業の採用コンサルティング、指導や、実際に採用面接に立ち会うこともあります。そこで、今回は、面接の質問について書いてみたいと思います。

 

 採用面接というとほとんどの場合、自己紹介をしていただくと思います。しかし、良く考えると何故自己紹介をしてもらうのでしょうか。手元には履歴書なり、エントリーシートがあり、そこにはこれから聞くであろう内容は基本的にすべて書かれています。にもかかわらず、なぜ改めて自己紹介して頂くのでしょうか。また、自己紹介も含めて書類に書いているようなことを改めて説明してもらうのはなぜでしょうか。

 最も大きな理由の一つは、書類の信ぴょう性の確認です。書かれている内容に虚偽はないのかというのは非常に重要です。そこで、ある程度緊張した状態で改めて復唱させることで確認するのです。もし、虚偽があればどこかにボロが出ます。

 

 また、自分の言葉で説明して頂くということもあります。応募書類、エントリーシートを作るのはある程度時間もかけられるので、嘘ではないが脚色があったり、取り繕った書き方になっていることが多いものです。そんな時には、実際に自分の言葉で説明してもらうことで、本当のところを探り出すという手助けになります。中には、一生懸命面接練習をして一言一句トレースする人もいるかもしれませんが、それはそれで、その努力は評価に値するでしょう。

 

 実際上の問題として、本来は間違っていますが事前に十分に書類に目を通せていない、例えば、面接官の中には書類審査に関わっていない人もいるでしょう。そんな理由から、応募書類を読む代わりに本人から説明させるというケースも多々あります。何人も面接していると、全ての応募書類が頭に入っているわけではないので、説明してもらうことで記憶を呼び戻すということもあるかもしれません。

 

 また、その他の質問も、志望理由、学生時代等にやっていたことなどを聞くことが多いと思います。しかし、皆さんはなぜその質問をするのか、その質問の答えから何を得ようとしているのか、何を判断しようとしているのかということを考えておられるでしょうか。そして、応募者全員に同じ質問をしているのであれば、その質問の何を基準に合否を判断されるのでしょうか。

 こういったことがしっかりと考えられて、決まっていなければ質問する意味はありません。何となくの感覚で採用することになってしまい、ミスマッチの原因となります。書類審査も面接もマッチする人を探すためのものです。その目的に合致するものでなければなりません。

 

 このような状況になっている背景には、ほとんどの方が面接や採用に関する教育を受けることなく、役職の仕事として携わることになってしまっていることがあります。しかし、採用は会社にとって非常に大きな投資であり、未来を左右する極めて重要なものです。そんな大事なものに関わる教育や勉強をなぜ何もしない状態で実施しているのか、不思議でなりません。そんな状況なので、どこでも同じような紋切り型の金太郎飴採用、面接が行われてしまうのです。経営者の方には改めて採用教育の重要性を認識して頂き、書類審査や面接に直接携わられる方は改めて何を見る必要があるのか、なぜその質問をしているのかといったことを考え直していただけることを願います。

 

 人材採用、育成でお困りの方は、ジャパン・リサーチ・ラボにご相談ください。ご相談はこちらへ。

analysis.ikaduchi.com

 

HPアップデートのお知らせ(接着関連ページ)

 接着関連のページをアップしました。

 

analysis.ikaduchi.com

analysis.ikaduchi.com

analysis.ikaduchi.com

今日の格言(フレームワーク)

フレームワークは回答であり、解答ではない」

 

 フレームワークの出す回答を使って、解答を創出するということですね。

 

技術コンサルティング、人材育成のご相談はジャパン・リサーチ・ラボへ。

analysis.ikaduchi.com

何も教育されずに現場に放り込まれる可哀想な若手

 おかげさまで様々な場所で招待講演やセミナー、講演会をさせて頂き、そこでお声かけを頂いて、たくさんの方とお出会いをさせて頂いております。それぞれのパターンで参加者の数も数十人から200人以上まで幅広く、顔ぶれ、階層も異なっており毎回楽しみにしております。話す内容も様々で、会の主旨や他の講演者の方とのバランスを考えて様々なものを用意します。

 

 学会の招待講演などの場合には参加費が必要となり、専門的な内容や先端のトピックスなどが中心になることから中堅から管理職の方が多い傾向にあります。一方で、装置メーカーなどが主催されるユーザー向けのセミナーがあります。これも色々なパターンがあって、装置メーカーの技術者の方が自社装置の紹介をされるのがメインのものや、招待講演をメインにしているものなど様々です。いずれにしても、自社ユーザーへのサポートサービスの一環という面と営業活動の一環ということもあるのでほとんどは無料で参加できます。内容も、大学の先生の研究紹介から基礎的な話まで様々です。こちらの場合には、無料ということも手伝ってか、意外と若手、新人の方の参加が目立ちます。

 

 若手や新人の方はセッションの中では恥ずかしさもあってかほとんど質問などはされません(私としてはもっと積極的になって欲しく、また、そうしないと参加した意味が薄れると思っています)。ただ、セッションが終わった後のポスター会場や交流会(懇親会)では1:1に近いので意外と質問に来られたりして安心します。

 

 ただ、その時に毎回気になることがあります。無料ということも手伝って、どうも新人や若手の方の教育を兼ねて送り込んでいることが多いようです。それ自体は全く問題は無く、色々な勉強をするのは良いことだと思います。しかし、気になるのは本当に何も知らないままに送り込まれているケースが多い点です。〇〇スクールのように基礎学習をテーマしたフォーラムではありませんので、手法の原理や基礎的なところはあまり話には出てこず、実務応用や最先端のトピックスがメインとなります。そんなところに、テーマとなっている手法のことをほとんど知らないままに参加してもほとんど理解できず、質問すらできない状況になるのは容易に想像できます。

 

 問題は、自分たちでやるべき教育を放棄をして、無料だからと言って放り込んでしまうというやり方です。基礎的勉強をテーマにしたスクールでもない限りは、必要最低限の基本的な教育や、ある程度実務をこなしてして自分なりの理解もある状況で送り込むべきです。そうしなければ、いくら無料とはいっても時間の無駄になってしまいます。

 部下を送り込む側の方も、新人、若手の方も、時間の無駄にならないように、良く吟味して、考えて参加いただけると良いと思います。

 

 若手、新人の教育、育成や人材育成の関するご相談はジャパン・リサーチ・ラボにお任せください。ご相談はこちらまで。

analysis.ikaduchi.com

 

 

 

 

なぜブレストが上手くいかないか

 皆さん、「ブレスト」という言葉はほとんどの方が耳にされたことがあると思います。また、人事研修で実際に体験された方も多いのではないでしょうか。もちろん、実務で使ったことがある、使っているという方もおられるでしょう。しかし、現場の声を拾ってみると、結局ブレストをやっても成果に結びつかない、または、ブレスト自体が上手く行かないというということを度々耳にします。そこで、今回はブレストについて書いてみたいと思います。

 

 まず、ブレストをするときに最も気を付けないといけないことは、思考にテーマ以外の一切の縛りを設けないということです。こんなことを言ったら〇〇かもしれないとか、誰かの意見と似ているからとか、発言する前に自分で思考をシュリンクするような考え方をすることがブレストでは最もやってはいけないことです。どんな考えであっても、まずは発言するということが重要です。ただ一つの制約は、前述のようにテーマに沿っているかどうかだけです。これが無いとただの雑談になります。

 

 また、出てきた意見に対して絶対に批判や批評をしてはいけません。どんなにつまらない意見と感じても、それは絶対に言ってはいけません。また、ブレストの場に普段の職場での関係、特に上下関係を持ち込んではいけません。上司と逆の意見は言いにくいとか、部下が逆の意見を言ったからといって批判しては絶対にいけません。全てがフラットであることが重要です。また、逆の意見だけでなく、誰かの意見に乗っかることもブレストではウェルカムであり、決して尻馬に乗っかったと批判してはいけません。

 

 ブレストのルールはこの他にもありますが、いずれもそれほど難しいものではなく、少し意識すればできることばかりです。しかし、実際にはそれができていないので、ブレストが上手くできない、意見が出ない、いつもの会議と同じになってしまうということが起きてしまうのです。とは言え、慣れるまでは難しい面もあるので、最初はきちんとわかっているファシリテーターのような人が入るのが望ましいでしょう。

 

 さて、ブレストでの発言を引き出すということが上手く回っても、その後、そこから目的や成果に繋がらない、ワイワイガヤガヤと言いたいことを言っただけで終わってしまう、ブレストの結果が活用されない、できない、しにくいということをよく言われます。この最大の理由は、ブレスト自体の理解が間違っているからです。どうも、ほとんどの人はブレストとは多人数で意見を出し合って、思考を発散させてアイデアを出すものだと思っているようです。これは間違いです。

 

 実はブレストは二つのフェーズから成っています。一つ目のフェーズは皆さんが想像する発散のフェーズです。しかしここで終わるから、結果に繋がらないのです。本当は二つ目のフェーズとして「収束のフェーズ」があるのです。これをやらないでおわるから、何も得られないのです。

 

 発散のフェーズで思考に縛りを付けずにアイデアを絞り出し、その後、収束のフェーズで成果へと繋げていくのです。収束のフェーズでは、いわゆるKJ法のようなものや、フレームワークなどの技法を使うなどして、360度に散った思考を一つの方向に集約していきます。このフェーズがセットになって初めてブレストは完結します。セカンドフェーズである収束フェーズをやらないから井戸端会議で終わるのです。

 ブレストはとても強力で、有効なツールです。ただ、使い方が間違っていることがほとんどなだけです。今一度、やり方を学び直して、正しいブレストにチャレンジしてみて下さい。

 

 ブレストに限らず、アイデア創出、戦略策定など、論路思考はジャパン・リサーチ・ラボにご相談ください。ご相談はこちらへ。

analysis.ikaduchi.com