JRLテックログ

JRLテックログ

ジャパン・リサーチ・ラボが提供する技術コンサルティング、人材育成、戦略策定、セミナー等の様々なコンテンツに関する情報を提供するブログです

心得

マネージャーに求められるコンピテンシー(行動特性)

新人からベテラン、マネージャー、経営層など会社の中には様々な階層が存在します。そして、それぞれに役割があり、求められるものがあります。当然のことながら、新人と役員ではこれらが全く異なることは誰もが容易に理解できることです。 そこで、今回はマ…

リーダーに求められるコンピテンシー(行動特性)

新人からベテラン、マネージャー、経営層など会社の中には様々な階層が存在します。そして、それぞれに役割があり、求められるものがあります。当然のことながら、新人と役員ではこれらが全く異なることは誰もが容易に理解できることです。 そこで、今回はリ…

新人に求められるコンピテンシー(行動特性)

新人からベテラン、マネージャー、経営層など会社の中には様々な階層が存在します。そして、それぞれに役割があり、求められるものがあります。当然のことながら、新人と役員ではこれらが全く異なることは誰もが容易に理解できることです。 そこで、今回は新…

返報性の原理(お礼をしたくなる気持ち)

皆さん、借りたものは返す、というと借金の取り立てをイメージされると思いますが、今回は少し(全く?)違った状況について書いてみたいと思います。

目標を達成するための考え方、条件

何事も目標を持つことが重要であるということは、様々な場面で耳にしてこられたと思います。しかし、いざ目標を考えよう、設定しようとした途端、どうやって考えれば良いのか、どんな目標を立てれば良いのかという根本的なことが分からないというジレンマに…

意識してこそ、そこに存在する

見えていないものは、 意識することができない Out of sight, out of mind. 意識していないものは、見えない Out of mind, out of sight.

モチベーションストック

モチベーションはストックできず、 消費されるものである。 analysis.ikaduchi.com

受動的モチベーション・能動的モチベーション

やった方が良いから、やっておこう やらなければならないから、やっておこう これらは、全て受動的モチベーションである。 受動的モチベーションは、本当の自発的なものでありません。どこかやらされ感が伴うため、本当意味でのモチベーションとは言えません…

MORSの法則(具体化の具体的方法)

目標の設定、計画の策定など様々な場面で頻繁に言われることの一つに、「具体的に」ということがあります。言うまでもなく、これらのことやその他のことでも、あやふやなままでは、結果につなげることはできません。しかし、この「具体的に」とは一体どうい…

今日の格言(聞くだけでは終わらない)

「聞く」を「聴く」に変えて「効く」となる 良く傾聴という言葉が使われていますが、単に聞くだけでは何も始まりません。正面から対峙することによって聞くは聴くになります。そうすることによって、関係が構築され、話をした効果が出て、言葉が意味を持ち状…

今日の格言(行動規範)

「小さなことほど丁寧に、 当たり前のことほど真剣に」 ついつい侮りがちなことほど、きちんと確実に analysis.ikaduchi.com

時間管理の重要性(時間を生み出す考え方、方法)

1日が24時間であり、1年は365日であることは誰もが知っています。そして、時間は後戻りすることはなく前に進むだけであり、貯めることも借りることもできません。この世界に住む者にとって最もコントロールが難しく、しかし、全てに平等なもの、それが時間で…

3つの労働(アウトプットとして求められることの違い)

日本人なら誰でも小学校で日本国憲法について教育を受け、その中で日本国民の「3大義務」について学んだはずです。すなわち、教育、勤労、納税です。ほとんどの人は生活するために働くと考えておられるかもしれず、確かにそういった面はあります。しかし、…

リーダーのあるべき姿(着眼大局、着手初手)

リーダーのあるべき姿、心得として、 「着眼大局、着手初手」 という言葉があります。 着眼大局とは、リーダーが見るのは細かな個別論ではなく、大局、すなわち、戦略的視点でなければならないということを意味しています。 そして、着手初手とは、リーダー…

五ゲン主義

皆さん「五ゲン主義」という言葉をご存知でしょうか。 問題解決、開発など様々な場面で重要になる五つの「ゲン」を言います。 現場 現物 現実 原点 顕在化 これらを五ゲンと言います。 現場は、どこかのドラマでありませんが、事象は会議室で起きているわけ…

ものごと(仕事)が上手く行かない理由(失敗する8つのタイプ)その4

仕事やその他、ものごと、やろうとしていることが上手く行かない、失敗するタイプについて、その1では「根性、精神論タイプ」と「完璧主義タイプ」、その2では「指示待ちタイプ」、「分析過剰タイプ」、その3では「放しタイプ」、「個人主義タイプ」を書…

ものごと(仕事)が上手く行かない理由(失敗する8つのタイプ)その3

仕事やその他、ものごと、やろうとしていることが上手く行かない、失敗するタイプについて、その1では「根性、精神論タイプ」と「完璧主義タイプ」、その2では「指示待ちタイプ」、「分析過剰タイプ」を書きましたが、今回は、「放しタイプ」、「個人主義…

ものごと(仕事)が上手く行かない理由(失敗する8つのタイプ)その2

仕事やその他、ものごと、やろうとしていることが上手く行かない、失敗するタイプについて、その1では、「根性、精神論タイプ」と「完璧主義タイプ」についてかきました。今回はその2として、「指示待ちタイプ」、「分析過剰タイプ」の二つについて書いて…

ものごと(仕事)が上手く行かない理由(失敗する8つのタイプ)その1

様々な相談を受けていると、一定数、「どうしても仕事が上手くいかない」、「失敗が続く」というお話が出てきます。もちろん、これらには色々な理由、原因があるわけですが、そんな中でも良く観察していると、こういう悩みを持っている人にはいくつかのタイ…

3つの社会人基礎力(その3:チームワーク)

社会人には、様々な力が要求されますが、その中の代表的なものとして3つの社会人基礎力とそれらを構成する12の要素が経済産業省によって提言として整理されています。 今回は、その3つの社会人基礎力の中の一つ目として、「チームで働く力」(チームワー…

3つの社会人基礎力(その2:シンキング)

社会人には、様々な力が要求されますが、その中の代表的なものとして3つの社会人基礎力とそれらを構成する12の要素が経済産業省によって提言として整理されています。 今回は、その3つの社会人基礎力の中の二つ目として、「考え抜く力」(シンキング)を…

3つの社会人基礎力(その1:アクション)

社会人には、様々な力が要求されますが、その中の代表的なものとして3つの社会人基礎力とそれらを構成する12の要素が経済産業省によって提言として整理されています。 今回は、その3つの社会人基礎力の中の一つ目として、「前に踏み出す力」(アクション…

知識とは何か、何のためにあるのか

知識は実行して初めて力となる Knowledge on action is power. B.フランクリン

交渉のアジェンダ(交渉の時に確認すべき重要事項)

交渉や協議を始める時、皆さんはどんなふうにスタートしているでしょうか。とりあえず社交辞令の挨拶はするとして、いきなり交渉自体に入っているでしょうか。多くの場合そんなことはなく、議題の確認などを行いながら徐々に本題に入っていくでしょう。そう…

交渉における予備的目標(Up&Down)の決め方、考え方

交渉を行う時には、通常実現したいこと、相手に認めさせたい要求事項が存在します。言うなれば、交渉の目標、ゴールが定められます。価格交渉であれば、売りたい(買いたい)価格が目標値となり、いかに自分の要求に近い結論に至るかが交渉の中心と言えます…

交渉におけるコンフリクト(衝突)の意味と解決法

様々な交渉においては、一発ですぐに合意というようなケースはほとんどなく、通常は何らかのコンフリクト(衝突、競合状態)が発生します。そして、一般的には協議という形で、このコンフリクトの調整に多大な労力を割くことになります。そのため、交渉にお…

交渉におけるエスカレーションの影響

交渉においては、様々な影響要因があることはこのブログでも何度か取り上げています。例えば、別項でも書いている意思決定におけるバイアスの影響などもその一つです。そんな中に、エスカレーションと呼ばれるものがあります。エスカレーションとは、 段階的…

意思決定における不作為バイアスの影響

意思決定では、何かを行うか、行わないかの判断をしなければならない場面が数多くあります。そんな時は、功利的基準や規範的基準など様々な基準で判断していくことになります。しかし、人は無意識のうちにリスクを避けよう、特に、自分の責任リスクを軽減し…

意思決定における心の会計(意思決定プロセスと考え方・方法)

何らかのか判断や意思決定は、仕事上だけでになく日常的に誰もが行っていることだと思います。仕事の中では、会議、打ち合わせから業務の優先順位など様々な場面があげられます。それらの意思決定では、何らかの基準が意識的か、無意識的かは別にして必ず存…

情報認識における認知バイアスの影響

仕事や日常生活では日々様々な情報に触れます。そして、意識的か無意識かは別にしてそれらの情報の取捨選択をしています。また、そうやって取捨選択した情報を用いて意識決定、判断を下しています。多くの人は純粋な自身の意思と判断によって適切に情報を取…